MEMBER

face

渡辺 光章

WATANABE mitsuaki

プロトタイプ代表、兼用務員、兼プランナー / PROTOTYPE

ブログを読む


プロトタイプ代表兼用務員兼プランナー
昭和37年9月24 日生 仙台市生まれ

1985年に行われた「筑波科学万博」映像プランニングからキャリアをスタートし、国内外の博覧会のあらゆる特殊映像(OMNIMAX・IMAX・ショースキャン・ラージフォーマット同期映像)を現場で体験・いじらせてもらい肥やしとする。その後、万博ジプシーと化して各所を転々とするが、バブルがはじけ世間様も景気の良いことも言ってられない状況となり、これはいかんと考え、運命的な出会い?でMacと出会い(classicだったかなんだか忘れてしまった)出始めだったDTPを武器にスポーツ系輸入商社のハウスエージェンシーのデザイン部門のマネージャーに収まりまだ、日本ではほとんど知られていなかった(売れていなかった?)OAKLEY(サングラス)・GARY FISHER(MTB)・AXO(モーターサイクルウエア)RIDE(スノーボード)その他、多数の横乗り・縦乗り系の広告・SP・ショールーム等を創りまくる。
 
そうこうしているうちにインターネットが出始め、元来新しモノ好きの魂に火がつき、その当時、Macでぶいぶい言わせていた、Verdeの内田さんにお世話になりマルチメディア(もうあまり言わないね)コンテンツを創りつつ、新しモノ好き&特殊系のキャラクターで博物館・商業施設の空間演出から映像プランニングを行う。
 
そして現在のベースとなるPROTO-TYPEを興し、世間の羨望と嘲笑の嵐の中、1/1コクピット「TYPE00」を発売開始しつつ、更なる新しモノ好き、特殊系(だれもやったことが無いモノ・コト)を極める為、日々精進しつつ、現在に至る。HONDA XR600Rスーパーバイカーズ(モタード等とヨーロッパ風には言わない)をこよなく愛する40代。
 
ディレクション&プロデュース&プランニング例は以下の通り
・ 通商産業省マルチメディアコンテンツ支援事業
    平成10年度補正予算先導的コンテンツ市場環境整備事業
 「ヒーリングVRシステム」企画・開発
・ TOYOTA 「モデリスタ」CG シュミレータ企画・製作
・ 夢テクNTT持ち株ブース企画・製作
・ Sony So-netタウン企画・システム開発
・ 山梨県立科学館企画マルチメディアコーナー
  スペースシャトルシミュレータ企画・製作
・ 北九州自然史博物館マルチメディア端末企画・製作
・ 六本木ヒルズ「世界都市展」展示企画
・ 森ビル「表参道2006展」シアター映像企画・制作
・ 日経ショールーム「NikkeiNotio」企画・映像デザイン

[ WATANABE Mitsuaki ] 

松山くん カオルちゃん結婚おめでとう!

2006/11/19

今日は皆様にうれしいご報告です。
MONGOOSEメンバー松山くん・カオルちゃんが本日(19日)結婚式です。
いや~めでたい。
キュートなカオルちゃんを射止めた松山くんはでかしたです。

大きな声では言えないのですが、都内某所で20数年後に走るであろうフューチャーカーの
制作をしていまして、そのインターフェースの心臓部を松山くんが制作していたのですが、
スケジュールが長引き、結婚式のぎりぎりで地元に帰った次第であります。
(カオルちゃんごめんなさい!)
ひやひやモノではありましたが、ほんと良かったです。
今日はめいっぱい結婚式をたのしんでね!


祝福のメールはこちらまで。

matsuyama@mongoose.proto-type.jp

IMG_0709.jpg

100%design 打ち上げパーティーにて


松山くん カオルちゃん結婚おめでとう!

2006/11/19

今日は皆様にうれしいご報告です。
MONGOOSEメンバー松山くん・カオルちゃんが本日(19日)結婚式です。
いや~めでたい。
キュートなカオルちゃんを射止めた松山くんはでかしたです。

大きな声では言えないのですが、都内某所で20数年後に走るであろうフューチャーカーの
制作をしていまして、そのインターフェースの心臓部を松山くんが制作していたのですが、
スケジュールが長引き、結婚式のぎりぎりで地元に帰った次第であります。
(カオルちゃんごめんなさい!)
ひやひやモノではありましたが、ほんと良かったです。
今日はめいっぱい結婚式をたのしんでね!


祝福のメールはこちらまで。

matsuyama@mongoose.proto-type.jp

IMG_0709.jpg

100%design 打ち上げパーティーにて


「考え・タタキツクルコト」

2006/11/08

昨年、アニメのボトムズを1人で制作していた方がいましたが、mongooseも負けていません。
プロダクトが手作りであれば、ブースも全て設計し、そしてメンバーでタタキツクリました。
下記のイメージが設計。そして完成イメージです。
インタラクティブな空間を作りたい施主・クライアントの皆様。
ぜひ、お声かけくださいませ。

設計:鍋さん(鍋島)
制作:組長(八木澤)

before
studio_image05.jpg

after
studio_image06.jpg


上から
studio_image07.jpg


大物ディスプレー台の組み立て(深夜AM2:00)
studio_image08.jpg


air wallのベース板切り出し(深夜AM3:00 笑)
studio_image09.jpg


正確無比に切り出すエンジニア久世さん
studio_image10.jpg


全部準備完了!現場に行くぜ!
studio11_image.jpg


まだ、がらんどうのブース(配線を引き回す床を創っています)
studio_image12.jpg


そして完成!(ソフトもハードもなんとか完成)
studio_image13.jpg

カワイイゲスト

2006/11/05

連日、ブースにお越しいただくお客様に「カワイイ!」・「楽しい!」と
お褒めの言葉をいただくfuwapica&RGByですが、今日はブースに
カワイイお客様がいらっしゃいました。
色が反応するfuwapica&RGByは直感的に理解できるようで大人の
方はもちろんのこと、お子様でも楽しさが一瞬で理解できるようです。

しっかし、久世さんパパのようですね。(笑)


studio_image03.jpg


studio_image04.jpg


Road to 100% Design Tokyo 第1弾

2006/11/04

会場にて大好評をいただいておりますmongooseプロダクト群ですが、
すべてのプロダクトが設計・基盤制作・デザイン・プログラム全てが
チーム内で制作されております。
今回はその制作スタジオ(部室?)の様子をちらっとご紹介致します。

明日はいよいよ、100% Design Tokyoも最終日。
ぜひ、C-138 Mongooseブースにみなさまのお越しをお待ちしております。

studio_image01.jpg


studio_image02.jpg

このページのトップへ ページのトップへ