MEMBER

face

八木澤 優紀

YAGISAWA masaki

fuwapica専属デザイナー / 所属

ブログを読む


1974年 東京生まれ
東京芸術大学大学院美術研究科 デザイン専攻 修了
現在、東京芸術大学デザイン科非常勤講師

fuwapicaの主な活動歴
2003年 松山真也とともにfuwapicaを制作開始。
2004年3月 東京藝術大学修了制作展(東京藝術大学美術館)
2004年4月 インフォメーションアートの想像力展(東京都写真美術館)
2004年5月 芸術科学会展(東京工業大学)
2004年6月 グループ展c-depot(横浜赤レンガ)
2004年7月感覚ミュージアム(仙台)納品 常設展示
2004年10月fuwa picaシステム特許出願
2004年12月 あかりメッセージ(六本木AXIS)
2004年12月TIME・SPACE・19展(ORIE -space art-)
2005年2月Evolution Cafe(BankART Studio NYK)
2005年3月ちえらぼ(秋葉原 広瀬無線)
2005年6月グループ展c-depot(青山spira)
2005年8月Cozy art展(Studio KINO COCON烏丸ビル内)
2005年11月100%DESIGN TOKYO 2005(神宮外苑)
2005年12月あかりメッセージ(六本木AXIS)
2005年12月光のひろば(せんだいメディアテーク)
2006年2月ひょうじょう展(新宿 OZONE)
2006年2月デジタルファンタジスタ展(BankART Studio NYK)
2006年6月グループ展c-depot(横浜赤レンガ)
2006年9月プサンビエンナーレ(韓国 釜山)
2006年10月あかりメッセージ札幌(札幌デジタル創造プラザ)
2006年11月 100%DESIGN TOKYO 2006(神宮外苑)

[ YAGISAWA Masaki ] 

メンテナンス

2009/03/23

今月の上旬に宮城県岩出山にある感覚ミュージアムに
fuwapicaのメンテナンスに行って来ました。


感覚ミュージアムは5年前に初めてfuwapicaを納品した記念すべき場所で
今でも初期のfuwapicaを見ることができます。
納品して以来定期的にメンテナンスをしているので今でも元気に動いています。


壁に設置するタイプと円形の座るタイプがあります
2.jpg

3.jpg


バラしてメンテナンス中です。
今では考えられないようなアイディアや力技を目の当たりにし
制作当時の想いや情熱が改めて蘇がえります。
Image588.jpg


常設ですので一年中見ることができます。
お近くにお寄りの際は是非ご覧下さい。
詳細は
http://www.kankaku.org/index.htm


最後に、
いつもお世話になっている松江さんです。
いつもありがとうございます!
Image934.jpg

ICEいっぱい

2009/02/13

話はさかのぼりますが、昨年12月より大阪千里にある千里ライフサイエンスセンターの
1階ファサードにfuwapica ICEが10個常設されています。(写真は設置作業時です)
senri.jpg

いっぱい並んでカラフルです。
senri2.jpg

そしていつもの決めのポーズ
senri3.jpg

考えてみれば完全な公共空間に置かれたのは初めてのことです。
いつかはこういう場所で使ってほしいな、と考えていたので一つ夢が叶いました。
近くにお立ち寄りの際は是非fuwapicaに会いに行ってあげてください。

アルスエレクトロニカ

2009/01/18

2009年1月3日よりオーストリアのリンツにあるアルスエレクトロニカセンターに
fuwapicaとRGByが展示されることになり年末年始に現地で設置作業をしてきました。

アルスエレクトロニカセンター (手前はドナウ川)
DSC_0264.JPG

もっと近くから
DSC_0232.JPG

展示の合間の休憩や置いてある本を見るためのスペースに置かれています。
ただ見るだけでなく実際使ってもらうのがMONGOOSEのポリシーです。
DSC_0295.JPG

お客さんに大人気!
DSC_0336.JPG


時間的に観光する時間はあまりありませんでしたが
作業の合間にリンツの町を散策しました。
DSC_0246.JPG

DSC_0261.JPG

年越しイベントも盛り上がり、日本とはひと味違った新年を迎えました。
アルスエレクトロニカセンターから新年のイベントを見下ろせたのですが凄い人出!
IMG_1628.JPG

という訳で、遅くなりましたが
あけましておめでとうございます!!

空中庭園

2008/07/20

今月3日より大阪梅田スカイビルの空中庭園展望台にfuwapicaLovebenchが設置されました!

%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%BA%AD%E5%9C%92%EF%BC%91.jpg
凄い構造ですね。。

%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%BA%AD%E5%9C%92%EF%BC%98.jpg
夜景も奇麗ですよ。


%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%BA%AD%E5%9C%925.jpg

%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%BA%AD%E5%9C%926.jpg
今回のLovebenchは映像と連動します。
直径2.3メートルのスクリーンを中心にLovebenchが3台設置されてます。
是非カップルで体験して愛を確かめ合ってください!

%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E5%BA%AD%E5%9C%92%EF%BC%92.jpg
そららちゃんとツーショットです。

fuwapica6レンジャー!

2008/03/13

みんな色が違うので戦隊ものみたいになってます。
あ、僕の円だけデカい。。。体重がバレそう!

6%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BCb.jpg

バレンタインfuwapica

2008/02/08

江の島展望灯台屋内展望フロアにfuwapica ICEが設置されました。
バレンタイン企画なので2008年2月8日(金)?14日(祝)17:00?20:00
の期間限定ですが、夜の灯台からの眺めとfuwapicaの光の相性はなかなかです。
座るたびに色が変わるfuwapica ICEが2個ペアで置かれているので
二人で座って色占い(なんじゃそりゃ)で盛り上がってみてはいかがでしょうか。

%E6%B1%9F%E3%83%8E%E5%B3%B6.jpg

スペシャルなヤツ

2007/11/12

大増殖中のLoveBenchですが、
更にクリスマスに向けたスペシャルなバージョンが加わりました。

真っ赤です!
情熱的です。。
blb2.jpg

こちらも近日デビュー!

LoveBench大増殖中

2007/11/10

LoveBenchがカップル達に愛を届けるべく大増殖中です。

lb4.jpg

lb3.jpg

近日中にデビューです!

SPACE FOR YOUR FUTURE展開幕

2007/10/27

本日10月27日より東京都現代美術館にてSPACE FOR YOUR FUTURE展が開催されます。

MONGOOSEもfuwapica iceを出品しています。
純粋に休憩用スツールとして使っているのですが、今まで展示ではそういう見せ方を
していませんでしたし、8個同時に並べたことは無かったので意外と新鮮な印象です。
展示場所は3階のエスカレーターホールで、疲れた頃にいいタイミングで出現する感じなので
何気なく使ってもらうにはいい展示方法だなと思っています。

写真は搬入時のものです。
gb2.jpg

昨日は内覧会とオープニングレセプションがあり、各業界から大勢の来場者がありました。
出品作家ということで取材やインタビューを受けたりプレゼンテーションをしたりと大忙しでした。

諸事情でその時の写真がないので代わりにこれを。
(作家だとわかるようにつけるリボンです。ちょっと誇らしげ。。)
GB.jpg

皆さん是非御来館ください。
fuwapica ice達も3階のエスカレータホールで皆さんをお待ちしています。

ヴァージン・アトランティック

2007/09/29

また飛行機の話で恐縮です。
ロンドンからの帰りの飛行機も、行き同様ヴァージン・アトランティック航空でした。

帰りの機体は更に若く今年就航したばかり新品だったのでとても奇麗でした。
b1.jpg

シートのデザインもオリジナルでカッコいいです。
行きの機体よりも若いだけあって不便に感じた部分もしっかり改良されていました。
b4.jpg

すっかりファンになってしまったので機内限定販売の模型を買ってしまいました。
特製のパッケージに入り、オーナーのリチャード・ブランソン氏のサインと
シリアル番号入りのカードが付いてきます。(かっこいい!)
b2.jpg

2種類あるので当然両方買いました。
左がAIRBUS A340-600、右がBOEING 747-400
ヴァージン・アトランティックが現在運行している機体はこの2種類のみ(A340は-300もあり)
ですが、両機ともAIRBUS社、BOEING社の現在のフラッグシップです。(個人的見解です)
b3.jpg

ロンドン観光

2007/09/25

今回のイギリス滞在はホテルと会場の往復で、殆ど観光ができませんでした。

というわけでオフの今日はベタベタなロンドン観光をしようということになりました。
珍しく一日中晴れていて気持ちよかったです。

TUBEに乗って
B77.jpg

街をブラブラしながら買い物をして
B76.jpg

b78.jpg


ロンドンイア(巨大な観覧車)に乗って
B75.jpg

B74.jpg

B73.jpg

宮殿の衛兵に出会って
B72.jpg

ビッグベンを見てきました。
B71.jpg

夜はホテルの近くのPUBでギネスを飲みながら、fish&chipsを食べました。
B70.jpg


fuwapica Liteができるまで:バルーン編

2007/09/25

松山君から引き続きfuwapica Liteメーキングの続編です。

今までのfuwapicaシリーズとは違い外装は全てバルーンで構成されています。
柔らかい感触を楽しんでもらうのも重要な要素ですが、コストダウンや
折り畳めることでの郵送の簡易化も大切なコンセプトです。
b64.jpg

バルーンは協力頂いているメーカーと共に開発、制作しましたが、ロゴのプリントは
手作業でやりました。
ロゴをプリントしたのは、企業のイベントや広告に使ってもらえたらという狙いからです。

プリントは芸大の学生に協力してもらいました。(渡部君ありがとう!)
b61.jpg

b62.jpg

開いた状態で置いてあるのが膨らまし&組み立て前のバルーンです。
Tシャツもついでに作ったので、MONGOOSEショップみたいな感じになっています。
b6.jpg


結果的には、コンパクトになることでの輸送の簡易化は売り込む上でも大変な
メリットとして受け取られていました。
海外で売る場合はなおさらです。
意匠や形といった見た目の部分だけではなく使われ方を考え提案するのも
デザインの重要な使命です。


fuwapica Liteにとって100%Design LONDONが初陣となったわけですが
いざ展示してみると(使ってみると)色々と改良するべき点が見つかりました。
実際に使用することで判明する反省点や新発見はモチベーションの源でもあります。
これからもハード、ソフト共、より高い完成度を求めて邁進する所存です。

100%design london終了

2007/09/24

本日で100%design londonが終了しました。
会期中様々な国の方とお話ができ、大変勉強になりました。
また、日本に比べて反応がストレートなのも印象的でした。

良い反応もたくさんあり、これから一層海外での活動が加速しそうな予感がします。
b52.jpg

b53.jpg


撤収完了?
今回は全て日本から手で運んだこともあり、全て撤収を完了すると
こんなコンパクトな荷物になります。
(この後ステッカーや棚も全て取り外しました)
b5.jpg

会場の外観です。
終わるとなんだか切ないですね。。
b51.jpg


笑顔

2007/09/23

アーティストやデザイナー等のクリエーターは人の笑顔や喜んでる姿が見たくて
制作している部分が少なからずあるのではないでしょうか。
喜んでくれている姿を見ると、苦労して制作した甲斐があったとつくづく感じるます。
僕らの仕事はある意味サービス業かもしれませんね。
b15.jpg

b13.jpg

b121.jpg

b14.jpg

100%design londonも明日で最終日です。
あと1日。良い出会いがあることを願っています。


ご近所

2007/09/22

展示の時はいつもそうですが、
近所のブースの人達とはある種の連帯感を感じ親しくなるものです。
今回も向かいにブースを構えているオランダ人と仲良くなり、
いろんな物を借りたりとかなりお世話になっています。

向かいのブースには座る物が無いので、たまに「疲れた」といって座りに来ます。
皆気さくでいい人達です。
%E3%81%B5%E3%82%99%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%82%99%EF%BC%92%EF%BC%92.jpg

特にこのお兄さん、なかなか面白い人です。(スケベです。。)
%E3%81%B5%E3%82%99%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%82%99%EF%BC%92%EF%BC%91.jpg

100%design london開幕!

2007/09/21

本日100%design londonが開幕しました。
会場の規模が日本に比べてとても大きいです。(全部合わせれば10倍くらい)

色々な国の方々と交流があり、とても充実した一日でした。
お客さんの反応は国籍、民族に関係無くとても良いのが印象的でした。

人間に共通している感覚や感情を扱う作品であれば言葉は必要ありません。
これからも言葉のいらない作品を世に出していきたいですね。
%E3%83%95%E3%82%99%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%99%EF%BC%91%EF%BC%92.jpg

%E3%83%95%E3%82%99%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%99%EF%BC%91%EF%BC%90.jpg

%E3%83%95%E3%82%99%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%99%EF%BC%91%EF%BC%91.jpg

%E3%83%95%E3%82%99%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%99%EF%BC%91%EF%BC%93.jpg


100%design london

2007/09/20

明日からイギリス、ロンドンにて100%design londonが開催されます。
mongooseも出展しておりますので、お近くにおいでの際はぜひお立ち寄りください。
%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%91b.jpg

%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%92b.jpg

設置作業の様子
%E4%BD%9C%E6%A5%AD%EF%BC%91b.jpg

%E4%BD%9C%E6%A5%AD%EF%BC%92b.jpg

空の旅

2007/09/18

100%Design LONDON出展のため、今日からロンドンに来ています。

今回は行きも帰りもバージンアトランティック航空を利用するという
飛行機好きにはたまらない状況になっております。
機体はエアバスA340-600。
2005年1月に初飛行の若い機体でした。
%E3%83%95%E3%82%99%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%99%EF%BC%91.jpg

エコノミーでしたし他の航空会社と比べて特別豪華という訳ではありませんが
端々にこの会社のこだわりを感じるので、満足感とともに目的地に着く事ができます。
座席のピッチも若干広めなのも嬉しいですね。
空の旅を楽しんでもらおうという思想がしっかり伝わってきますし
内装や座席、小物のデザインにもそれらが反映されています。

機内で配られる小物達もコーポレートカラーの赤に統一され結構かわいいです。
個人的には靴下がお気に入りです。
高価な物ではないのでしょうが、しっかりとデザインされているところに好感が持てます。
%E3%83%95%E3%82%99%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%99%EF%BC%92.jpg

早速その靴下をはいていた隣のオジさん。
%E3%83%95%E3%82%99%E3%83%AD%E3%82%AF%E3%82%99%EF%BC%93.jpg

何を相手に伝えるのかという思想が、もの作りには大切なんだと
改めて思う空の旅でした。

MONGOOSE名刺

2007/09/11

MONGOOSE名刺をバルーンに封入してみました。
ただそれだけなのですが、自分がこんな名刺をもらったとしたら嬉しいので作ってみました。
bm31.jpg

取り出すには壊すしかありません。
bm21.jpg

bm11.jpg

透明なバルーンを見ていると、楽しく懐かしいような感情が湧いてきます。
子供の頃に行った海水浴や夏のプールでの楽しかった思い出のせいでしょうか。

浮いてます

2007/09/04

以前制作した作品の紹介です。

浮いている照明です。
吊り下げられている照明はたくさんありますが、
浮いている照明は見たことがなかったので作ってみました。
ヘリウムが充填されているバルーンがランプシェードになっており、その浮力で浮いています。
fl2.jpg

地球上で生活している我々は例外無く重力に支配されているので、
ただ浮いているだけでなんだかワクワクしてしまうのです。
非現実的なファンタジックな世界感を醸し出します。
fl1.jpg

物理的にも電気的にもコードでつながっています。
もしコンセントが抜けると飛んでいってしまうので大変です。
fl3.jpg


CGや平面の世界では簡単に表現できる現象や事柄でも、
実際に3次元に存在させるには困難なことはたくさんあります。
それらをテクノロジーや素材の力を借りて表現するのも立体造形の醍醐味かもしれません。


fuwapica+映像

2007/09/01

fuwapicaの動きと映像をリンクさせることは去年の100%designからやっていたのですが
今後その動きは更に加速しそうです。
今回の展示の2日目に松山君が徹夜で作って来たコンテンツがお目見えし、なかなか好評でした。

今まではテーブルの中のモニターのみでリンクしている映像が見られましたが、
今回からは別に設置した3個のモニターでも見ることができ、座っている人以外も
楽しむことができます。

3個でテーブルを囲むfuwapicaも新鮮に見えますね。(今までは4個でした)
R14.jpg

R12.jpg

R11.jpg

毎回展示するたびに思うのですが、作品のインタラクション(人に反応する部分)の
見せ方の力加減はとてもデリケートですね。
作品に関わった人にも、周りで見ている人にも魅力を伝えなくてはなりません。
主張し過ぎても、しなさ過ぎても、こちらの意図は誤解されたまま伝わってしまいます。
同じ見せ方をしていても会場のテンションや空気、時間帯、照明の具合、客層等の条件
によって、全く違った伝わり方をするものです。

何が正解なのか全く見当も付きませんが、そこを妥協すると凄くチープな仕掛けに見えるはずです。
そうならぬ様、これからも日々精進していく所存です。。

撤収

2007/09/01

本日でrooms15の3日間の会期が終了しました。
ご来場下さった皆様ありがとうございました。

新たな出会いがたくさんあり、充実の3日間でした。


撤収作業中?
皆さんお疲れさまでした。
R13.jpg

今日も大盛況

2007/08/31

本日rooms展示の2日目。
夕方からはパーティーもあり大盛況でした。


R0011331.jpg

R0011327.jpg
fuwapica達は今日も大奮闘。
パーティー開催時にはファニチャーとしての機能をフルに発揮してくれました。
lovebenchには一度に8人が座るという想定オーバーな事態まで発生!
(通常は4人が限界です。。)


R0011336.jpg
RGByもビールに囲まれてしまいました。。


R0011340.jpg
明日は最終日。
あと一日宜しくお願いします。

rooms 15

2007/08/30

本日8月29日より六本木ヒルズ40階にてファッション系合同展示会『rooms15』に出展しています。
ファッション系の展示会の中でアーティストコラボレーションというかたちでの参加です。
会場のエントランス部分にMONGOOSEの作品を展示していますが、カフェも併設されている場所なので
使ってもらってなんぼのファニチャー系作品にはピッタリのロケーションといえるかもしれません。

バイヤーとプレス限定の展示会なので今までのMONGOOSEの展示とは趣が違いますが、違った分野の
方々との出会いのチャンスに期待が膨らみます。

r6.jpg
こんな感じです。
ミラーボールが眩しい!


r2.jpg

r3.jpg
fuwapica達の様子です。
作品と気付かず、会場のお洒落什器と思い込んで接しているお客さんも続出です。
自然に使ってもらえることに重点を置き、それに耐えられるクオリティーをこころがけてきた
僕らにとっては嬉しいことではあるのですが、どこまで作品としてアピールするべきなのか、
悩ましくもあります。
作品としてよそよそしく扱われるのは不本意なのですが、もっと気付いて欲しい気もします。。


r4.jpg
今回の主役!?
展示方法は今までで一番派手になったTYPETIME。
諸々の事情によりディスプレー場所も主役級!


r5.jpg

RBByの見せ方も今回から商品化を意識したものになっていて、なかなかお洒落。


r1.jpg

おまけ
会場の休憩場からみた渋谷方面の夜景です。

広いな?

2007/08/10

DSC_3792.jpg

DSC_3812.jpg

火星ではありません。
サンディエゴから車で1時間の場所の風景です。
360°見渡す限り岩だらけ!
オーブンの中にいるような熱気です。


DSC_3779.jpg
こちらは、アリゾナ州ツーソン郊外の風景。
何もありません!
誰もいません!


世界は広いですね。

SIGGRAPH閉幕

2007/08/10

本日(アメリカ時間9日)無事SIGGRAPH2007が閉幕しました。
全体の来場者は24000人だそうで大盛況の5日間でした。
期間中fuwapica、RGByとも問題なく動いてくれて、いつもながら頼もしいです。

DSC_3834.jpg
撤収後皆で記念撮影。
阪大のチームの金谷さん、岩井さん 、宋さん、坂本さん、ありがとうございました。
大変お世話になりました。


DSC_3841.jpg
撤収完了後皆で打ち上げです。
後ろに見えているのが今回の会場のコンベンションセンターです。


DSC_3838.jpg
サンディエゴは港街なのでシーフードが旨いです。
オイスター旨かった?!

そら

2007/08/08

アメリカの空の色は日本とは随分違うように感じます。
湿度が低く地形も広大だからでしょうが、輝度や彩度が高くコントラストも強めです。

DSC_3109.JPG

DSC_3325.jpg

AVJ6.jpg


DSC_3272.jpg

こういう空の色を子供の頃から見て育つと、色に対する感覚は日本人のそれとは
違うものになるのでしょう。
空の色は、そこに住む人達の色感に大きな影響を与えているのかもしれませんね。

USA

2007/08/07

アメリカに来てみつけた気になったもの達です。

DSC_3093.JPG
これでも朝食なのです。
何故かファミレスの朝食のメニューにサーロインステーキがあります。
さすがアメリカ。
思わず注文してしまいました。

DSC_3104.JPG
洗剤ではありません。
これ飲めるのかね。。

DSC_3191.JPG
何のタイヤなのか不明ですが、デカいです。

アップルストア

2007/08/06

今回の展示にあたり、概ね順調にセッティングは進んだのですが
テーブルのモニターに接続するDVIケーブルが死んでしまったという
アクシデントに遭遇してしまいました。
メンテナンスフリー&高い耐久性を誇る我MONGOOSEの仕事ですが
既製品が壊れてしまってはどうにもなりません。

ということでDVIケーブルを求めてサンディエゴ中を探しまわることになったのですが
その途中でアップルストアを発見!
サンディエゴにもあったのですね。

DSC_2793.JPG

iPhoneの現物にも触れることができ感激です。
ディスプレイ用のデカいiPhoneにも感心です。

DSC_2791.JPG

結局アップルストアではDVIケーブルは入手できず
この先何軒もの電気屋さんを廻ることになってしまいました。
東京は便利なんだと改めて思うのでした。

CALIFORNIA !

2007/08/06

SIGGRAPHの会場になっているサンディエゴはカリフォルニア州の最南端にあり
メキシコ国境も近いのでかなり南国のリゾート感が漂っています。
僕らが来てから毎日快晴なので気持ち良いです!

DSC_2778.JPG

DSC_2856.JPG

ということで、気分も開放的になり昼間っからこんなんなっています。

DSC_2988.JPG

このページのトップへ ページのトップへ